島の名前: パンダノン島
人口: 1,947 人
主な職業: 漁業
海岸線の状況: 白砂、島の北部は砂のみの島で木がない。
観光客用施設: コテージ有り 250ペソ
スノーケリング: 不可 砂地のみ しかし、隣接の本島近辺はサンゴ礁
ダイビング: 不可 砂地
距離: マリバゴより約1時間半
特徴: コテージがあり北側は砂のみの島、南側は住民有り、北に向かって数キロに渡り浅瀬砂のみがあり、撮影に使われる。
コメント: 子供ずれの遊び場には適しているが、ボホール島に近く、海の透明度がよく無い。 船の停泊には便利。島の北側に続く砂の浅瀬は1Km以上に及び淡い水色の線を追って歩く事が出来る。砂地の近辺は水が澄んで見える。遠出の際は満ち潮の時間を確認しておく事、自分の為の場所が見つけられ満足できる。この場所は撮影に良く使われる。お勧めできるがスノーケルには向かない。
上陸料 150ペソ, Hut(日よけ)=P250.00 (9/09)